借金にも時効がある

考える

お金は借りたら返すのが当たり前ですが、万が一返せなくなった場合は、自己破産や民事再生などの選択があります。ただ、借金には時効があるので、一定期間過ぎればお金を返さなくてもよくなるそうです。

 

銀行や消費者金融など、金融機関から借りた場合の時効は5年、個人から借りた場合は10年で時効になります。ただし、年数が過ぎれば自動的に時効になるわけではなくて、時効を主張すること、つまり「時効の援用」をしないといけません。これは、内容証明郵便で援用通知を相手方に送るなどしておこないます。

 

時効が中断することもあります。消費者金融などから借りた場合は返済期日の翌日から時効が始まり、個人に借り、返済期日の定めがない場合は、お金を借りた日が時効の起算点となりますが、途中でいくらかでも返済すると、その時点で時効は中断します。

 

「時効の援用」を利用すれば、自己破産や民事再生をしなくても借金を返さなくてもよくなるのですが、なんとも後味が悪いですよね。それに金融機関が、時効が成立するまで何もアクションを起こさないということはあり得ませんから、借金がチャラになるということはかなり難しいでしょう。

 

一番いいのは最初から借金しないことですね。どうしても借金が必要と感じることもありますが、まずは、借金以外の方法はないか知恵を絞ってみてください。